Loading

モデルとして幅広く活躍するKanocoさんを起用したスタイリングコンテンツ、「Kanoco Meets LIFiLL」。


Kanocoさんのデイリーな着こなしをテーマに、LIFiLLならではのユニセックスなアイテムの魅力を、スタイリングのポイントと一緒にお伝えいたします。

ベーシックで使いやすい“COTTONY TEE”は、あえて大きめのサイズをチョイスして遊びのある着こなしをするのもおすすめ。もともとがスタンダードなシルエットだから、大きくなりすぎることなくナチュラルなビッグサイズに。


ブラウジングのラインも美しいのは、大きめのサイズで気持ちのいいゆとりが生まれたから。

ボトムはロングスカートで“I”ラインを意識。シンプルなTシャツだから、スカートのデザインが活きるのもうれしい。

上下で色のトーンを合わせて、統一感をプラスするのも忘れずに。

シューズだけ色をハズして、ちょっとしたアクセントを忍ばせれば、品よくまとまったコーディネートもさりげなくおしゃれに。

存在感のある大きなシルエットが特徴の“COTTONY BIG TEE”。

たっぷりとした身幅で、素材の柔らかさや軽さが活きたサイズ感。それでいてルーズになりすぎることのないパターンも魅力。

着るだけでコーディネートの主張がわかるたっぷりとしたサイズ感には、センタークリースの入ったきれいめなショートパンツを合わせて、ムードはあくまで上品に。

シルエットにも気を配ってボトムのボリュームは程々に、上下でメリハリをつけるのがポイント。

首元の華奢なネックレスでエレガントにコーディネートを味付けしつつ、麦わらのハットやサンダルでスタイリングに涼感をもたらせば、大人のBIG TEEコーデの完成。

厚手の生地感でありながら、柔らかな風合いで驚くほどの軽さが魅力の“COTTONY TEE”。

着るシーンを選ばない程よい大きさや、しっかりと詰まった首元など、大人っぽく落ち着いたディテールも見逃せないポイント。

ジャストサイズで着たTシャツは甘すぎず辛すぎもしない、ちょうどいいムード。

そうしたベーシックさを活かすように、ボトムはボーイズデニムを穿いてシンプルでクールなコーディネートに。

アクセサリーは程々にして装飾性を省きつつ、レザーのベルトやシューズがスタイリングの引き締め役。

暑い季節に重たくならないように、 ライトな素材感の帽子でどこか涼しげな印象もプラスして。


Item LIST


Kanoco(かのこ)

モデル。兵庫県生まれ。ファッション・カルチャー誌など多数の雑誌を中心に、広告・MVでも幅広く活躍中。自然な笑顔に、シンプルで気の利いたおしゃれなファッションと暮らしに定評あり 。ライフスタイルフォトエッセイ『かの・この・はなし』(双葉社)も発売中。2021年6月に男の子を出産。

中井彩乃

スタイリスト。伊藤信子氏に師事後、2019年独立。雑誌やブランドカタログ、女優やアーティストなど幅広い分野で活躍中。

商品を検索する

Shopping Cart

カート内に商品がありません。